100年住宅 ―つぐみ―

100年住宅 ―つぐみ―

100年住宅つぐみ仕様。構造材は4寸無垢乾燥材を採用した骨太住宅。
土台・柱にひのき無垢乾燥材を採用し、
断熱性能も繊維系断熱材240mm相当の断熱性能仕様。

基本構造・構造イメージ図

基本構造・構造イメージ図

硬質ウレタン断熱パネルの断熱

まるで魔法瓶のような住まい

硬質ウレタン断熱パネルを当社独自に北海道仕様に進化させた注文住宅。
夏涼しく、冬暖かい超高断熱・高気密住宅。

硬質ウレタン断熱パネルの断熱性能は繊維系断熱材(グラスウール)の約2倍の断熱力

硬質ウレタン断熱パネルは、耐久性に優れ、構造体と一体となって建物の耐久性、耐震性を向上

断熱・気密・換気の相乗効果と硬質ウレタン断熱パネルで結露を防ぐ、安心の無結露50年保証

断熱材には、一般的なグラスウール10Kの2倍の断熱力を発揮する「硬質ウレタン断熱パネル」を採用。
この「硬質ウレタン断熱パネル」を当社独自に120mm(通常105mm)にて工場製造。一般的な充填断熱工法(Ⅳ地域基準)をはるかに上回る断熱性能を誇り、夏涼しく、冬暖かい。一年中健康で快適な暮らしを提供します。

オール樹脂Low-Eペアガラス

窓周辺を外気の影響から守り、
健やかな室内環境を保ちます。

断熱効果は、アルミ樹脂複合ガラスの2倍以上の性能

室外側および室内側ガラスにはLow-Eガラスを使用し、夏には日射熱を抑えると共に紫外線を防ぎ、冬には室内の暖房熱が逃げるのを防ぎます。ガラス間には熱を伝えにくいアルゴンガスが封入されています。

建物の基本は安心できる基礎から

耐震等級3ベタ基礎工法
コンクリート強度 30N/mm2

基礎は建物全体の荷重を支えるとても重要な部分です。
いくら丈夫な躯体でも基礎が弱ければ倒壊してしまいます。
基礎工事は、住宅の耐震性の重要な鍵を握ります。

ベースコンクリートの厚さは15cmと、太い鉄筋入りのベタ基礎工法を標準採用とし、太さ13mm(通常10mm)の鉄筋を15cm(通常20cm)間隔に張り巡らせて建物を支えており、ベタ基礎の下には防湿フィルムを敷いて木造住宅の大敵である湿気をカットしております。また、コンクリート強度を30N/mm2にすることで、コンクリートの耐久性を向上させるとともに、マンションが建っても大丈夫なコンクリートを採用しております。
※コンクリート強度とは、ニュートン・パー平方ミリメートルという単位で表し、1N/mm2は、1cm2(1cm×1cm)当たり約9.8kgの圧力まで耐えられることを示しています。
※当社は地盤調査を必ず行い、調査結果に基づき地盤補強工事を行います〈有償〉

快適通気工法

床下換気能力従来の1.5倍
結露や土台の腐れを防ぎます。

Jotoキソパッキング工法は、いままでの工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮します。従来工法では換気できない床下の入組んだコーナーの隅々まで湿気を残さず排湿し、乾燥した理想的な床下環境をつくります。また、床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能維持が可能となり、さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない好条件をつくることになります。

安心のしろあり10年長期保証
最大20年保証制度を延長できます。

※別途更新手数料のご負担と、お住まいの点検・検査が必要となります。

剛床構造で約3倍の強度

水平の強さも飛躍的に高め
大空間にも耐える強靭な床工法

地震は、縦揺れだけでなく横にも揺れます。
そこで、その対策として、垂直方向だけではなく、水平剛性を高める必要があります。今まで、建物の強度は、壁面・耐力壁でしか判断されておらず、地震や台風に対する水平方向の強度においては、火打梁程度にしか考えられていませんでしたが、EIKENの住まいは、災害により強い家をつくるため、床全面に28mmの構造用合板(通常12mm~28mm)を貼る一番強い剛床構造を1階、2階ともに採用し、ひずみや横揺れに対する強度を高め、一般の床構造の約3倍の強度を実現しております。
地震や台風にさらに強靱な構造で、家族の安全を守っています。更に床鳴りの防止や防音効果も上げる事ができます。

外壁下地に遮熱シートを標準採用

遮熱・防湿・防水シート
赤外線の約85%を反射

アルミニウムは、高い赤外線反射率を持ち、熱の放射を抑える特徴があります。この特徴を活かしたタイベック®シルバーは、赤外線反射率約85%(=赤外線放射率約15%)※という、高い遮熱性を有しています。夏は屋外(外装材)からの輻射熱(赤外線)を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。

タイベックシルバーとは?

デュポン社製の遮熱シートは従来の透湿防水シート(タイベック®ハウスラップ)にアルミを特殊技術で蒸着させ、遮熱効果を持たせたシートです。不織布の繊維にアルミを蒸着し、その上に劣化を防ぐ樹脂をコーティングしています。それでもなお、透湿防水性能を保ち、タイベック®ならではの強靭さを備えています。(JiS A6111:2004適合)さらに従来のタイベック®ハウスラップに比べ、防水耐久性は向上し、透湿防水シートとしても高いクオリティを誇るシートです。

高気密住宅だからこその換気性能

第3種排気集中換気システム

室内の汚れた空気は、各居室に配管された換気ダクトにより、本体のファンを通して外に排気され、新鮮空気は、各所に取り付けられた給気口を通して室内に取り入れ、常に清潔で快適な室内環境を提供する高性能な換気システムです。

住宅先進国スウェーデンでの
換気システム

高性能住宅の最先端国であるスウェーデンでは、長い換気システムの歴史の中で、余分な機能を持つものやシステムに矛盾のあるものは淘汰され、確実で合理的なシステムが支持を受けています。
日本でもてはやされている、全熱交換型換気システムのようなものは使われておらず、第三種換気システムのようなシンプルで確実なものが使われています。

  • TOP
  • 栄建の家づくり
  • 住まいのコンセプト
  • 住まいの構造と性能
  • Life Styleのご提案
  • 小さくても豊かな家
  • GREEN Housing
  • 体験宿泊
  • 制震システム
  • 長期優良住宅
  • 保証・アフターメンテナンス
  • 工務店が探す土地探し
  • 家づくりを学ぶ
  • 家づくりの流れ
  • 家づくり実例集
  • お客様の声
  • アクセス
  • カルチャースクール
  • メンテンナンス商品etc オンラインショッピング
  • 点検申込フォーム
  • 栄建フェイスブック公式ページ
  • 栄建スタッフの赤裸々ブログ!!! お客様の夢をカタチに!STAFF Blog
  • FPの家で暮らす社長日記
  • カタログお届けします